シリコンゴムとは

シリコンゴムとは

ケイ素ゴムとも呼ばれるシリコンゴムは、合成ゴムの一種。

耐熱性、電気絶縁性に優れ科学的安定性をそなえているのも特徴です。

そして難燃性、耐放射線性など一般的なゴムとは違った特殊用途に使われるもの。

さらにはっ水性、離形性、耐寒性、圧縮特性など界面特性を発揮します。

それは有機ゴムと比較すれば一目瞭然の高性能で、
工業製品などに多く利用されいて来ています。

耐熱、耐寒性に関しては、150°の温度でもほぼ特性変化を見せず、
半永久的な使用に耐えていますし、
200°でも10000時間の使用にも耐え、さらに350°でも使用に耐える製品も存在します。

一般有機系ゴムが-20°~-30°でもろさを出すのに反し、
シリコンゴムはなんと-60°~-70°にもわたり弾力を保つことができるのです。

空気中の加熱では硬く伸びが小さく劣化する傾向がある半面、
密閉状態では逆に軟化傾向で劣化し寿命を短くする性質も持っています。

ただしこれさえも改良された製品が登場してきています。

 

さまざまな分野で活躍

シリコンゴムは耐候性にも非常に優れていて、さまざまな分野で活用されています。

一般的な有機ゴムではコロナ放電などが発生するオゾンで急激な劣化を見せますが、
シリコンゴムはほとんど影響をうけない特性も明らかになっています。

長時間の紫外線や風雨にさらされたとしても劣化度合いは極めて少ないと言えるのです。

また耐水性にも優れた一面を持ち、
長時間の浸水でも1%定ドン吸水量にとどまり、
それが温水や沸騰水でも変わることがなく、機械的強度、電気特性に影響を与えることもないのです。

しかし一方で加圧スチームの場合は圧力に伴い影響が出始めます。

150°の高圧スチームではゴム物質が低下するのも、
シロキサンポリマーが切断されるからです。

そして耐油性、耐溶剤性、耐薬品性に関しても優れた特性を持ちます。

特に高温での性能劣化も少なく、
有機ゴムと比べあらゆるシチュエーションで活用できる素材として注目する物なのです。

そして電気絶縁性、熱伝導性、難燃性、導電性etcとシリコンゴムならではの特徴が秘められているのです。